流行り・人気のカラーコンタクトでモテモテまちがいなし!

流行のナチュラルメイクに合わせる

カラーコンタクト

カラーコンタクト装着の目的は、一部の人にとっては視力矯正もありますが、ほぼ100%に近い形でおしゃれ目的です。
勿論、仕事の時はこのタイプ、人と会うと時はこのタイプというように、シチュエーション別で演出できる便利なアイテムでもあります(いずれにしても一種のファッションであることには変わりありません。

 

デカ目効果をねらったブラック系、逆に瞳を小さく見せる効果のあるホワイト系、ビジュアル系ファッションに合うレッド系など枚挙に暇がありません。
そのようにほぼ100%ファッションアイテムのカラーコンタクトですから、流行りが存在します。つまり言うまでもなく、流行りのメイクとマッチしたものが旬ということになります。

 

最近のメイクの傾向は、ナチュラルメイクが主流です。ナチュラルメイクにマッチするカラーコンタクトといえば、控えめな着色や派手すぎない発色が特徴のハーフ系です。ハーフ系というのは、ハーフ顔に見せる効果があることからそう呼ばれています。ブルーやブロンドといったハーフ系で自然な装い効果を狙います。

 

最近流行りのカラーコンタクト

 

最近、若くてオシャレな女性達を中心に、カラーコンタクトが流行ってます。

 

流行りの理由は、つけるだけで目力がアップする、黒目が大きく見える、デカ目になれるといった内容です。

 

また、ファッション感覚で、その日の気分によってレンズの色を変える事も出来ます。

 

昔に比べてカラーコンタクトの色も増えてきました。ブラックやブラウンなど定番の色から、グリーン、バイオレット、レッド、ピンク、さらにはホワイトなども出ています。

 

ブルーをつけるとハーフ顔に、ピンクをつけるとガーリーで可愛らしい雰囲気に変身出来る事から、いろんな色のカラーコンタクトを集めて楽しむ人も多くいます。

 

流行りのコンタクトレンズ

 

ここ最近でのおしゃれ女子の間の流行りは、黒目を大きくして目ジカラをUPさせるカラーコンタクトです。

 

黒目を大きく強調することで黒目勝ちにしてカワイさを演出するものです。

 

そもそも、コンタクトレンズは度が入っているもの、入っていないもの、そしてカラーコンタクトレンズを含め「高度管理医療機器」に分類されます。そして、使用に関しては、医師による検診と処方後に購入が必要とされています。

 

しかし、医療機器としてではなく、雑貨としてネット通販やオークションにて購入する事もできなくはないのも事実です。このような場合、目の検診を受けることがないため、知らない間に病気や視力低下になってしまうこともあるので気をつけなければなりません。

 

きちんと検診を受けたあとに適切なものを購入することが求められています。

 

流行りのカラーコンタクトはどのようなタイプ?

 

瞳を大きく見せることができることから若い女性に人気のカラーコンタクトですが、最近では色や模様が大きいもので「盛る」人が増えています。
ちなみにカラーコンタクトの色や模様の大きさは「着色直径」で知ることができます。

 

数値が大きい物ほど瞳を大きく見せることができて市販されているサイズは13?16mmですが、16mmを超える大きい物が流行っています。
また同じ色でも模様にフチがあると派手目に、フチがないと自然に見えます。

 

着色直径が大きなカラーコンタクトは自分の目のサイズに合わなかったり、お手入れを怠る(ワンデータイプ以外はお手入れが必要)と目にトラブルが起こりやすいので注意しましょう。


更新履歴


このページの先頭へ戻る